松尾 大社。 庭園拝観|境内のご案内 | 松尾大社

上古(じょうこ)の庭 遠く昔、上古の時代には、どの場所にも神社も社殿もなく、山中の巨岩などが神霊のやどる聖地とされており、その場所を磐座(いわくら)、或いは磐境(いわさか)と言います。

平安時代前期の承和年間(834年~847年)に神階・従三位、852年(仁寿2年)に神階・正二位、859年(貞観元年)に神階・正一位に叙され、その後に勲一等に叙せられました。

同じ渡来系の漢氏が陶部・鞍作部・工人等の技術者集団から成ったのに対して、秦氏は倭人系の集団を含んだともいわれる秦人部・秦部等の農民集団で構成 されていたことから、古代日本において最も多い人口と広い分布を誇ったといわれる。

洛西の総氏神であり、酒造技術を伝えた渡来系氏族・秦氏に由来し、酒造の神 醸造祖神 になる。

松尾七社) <一挙社> 祭神 一挙神 <金刀比羅社> 祭神 大物主神 <祖霊社> 本社境外摂社 <月読神社> 祭神 月読尊(松尾七社) <櫟谷神社> 祭神 奥津島姫(松尾七社) <宗像神社> 祭神 市杵島姫(松尾七社) 本社境外末社 <三宮神社> 祭神 玉依姫命・大山祇神・酒解神 <衣手神社> 祭神 玉依姫命・羽山戸神 <西七条御旅所> 祭神 松尾大神 <朱雀松尾總神社> 祭神 月読尊 松尾大社とは、古代より本社と摂末社の6社を併せて「松尾七社」と言われてきました。

当サイトの情報はあくまで参考情報です。

63 75 96