三世 一身 の 法。 三世一身の法と墾田永年私財法

墾田永年私財法の場合はお役人さんの許可を得て土地を切り開いて農地にすることが出来たのなら、本人の代、三世代、四世代などといった期間の制限なく、ず~~~っと、永年その土地の所有が許可されることになりました。

其れ新たに溝池[5]を造り、開墾を営む者あらば、多少に限らず、給して、三世[6]に伝へしめむ。

国有地を耕作するよりも新規開墾が奨励され、国有地は放棄されて荒れてしまう一方、荘園が増えていくという状況になります。

(期の派歴史家が提唱しただけに過ぎない、という見方もできる [ ])。

しかし、大貴族たちは役人による実地調査を拒否し、口頭調査にしか応じません。

そもそも溝や池といった灌漑施設を自分で設置するなど、よほどの財力が無いと無理です。

三世一身の法 朝廷は722年 養老六年 に、100万町歩 約七六万へタタール の開墾を企てました。

貧しくなって、田な売る者も出て来ました。

原因は、はっきりとはわかりません。

出典 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について 世界大百科事典 内の三世一身法 の言及. そこで彼らは大貴族たちの名義を借りることにします。

97