グッ と ラック。 『グッとラック!』視聴率一人負け、立川志らくより深刻な理由…小倉智昭は羽鳥慎一に完敗

グッとラック! 同番組といえば、先ごろ、フリーの小林麻耶アナウンサーが突然の降板を発表し、話題になったばかり。

若林(休演日にはアシスタントMC代理のアナウンサー)が担当するニュースコーナーで、数項目のストレートニュースを伝える。

11月6日、落語家の立川志らくがツイッターで、自身がMCを務めるの情報番組『グッとラック! (木曜日)• 2021年4月改編(3月29日)からは、平日8 - 9時台の全国ネット向け生放送番組の制作を、当番組まで主導していた情報制作局に代わってコンテンツ制作局のバラエティ班(主に『』の制作陣)が担当。

堀尾は番組で相手女性への恋愛感情は「ありません」と否定したものの、「許容範囲を超えた行動をした」と謝罪。

トークが一段落したところでスタッフロールが流れて放送を終了。

』の金曜「午後」のコメンテーターに異動になった。

ただし、第1週(2019年9月30日から4日間)の第2部では、Dスタジオに待機している『ひるおび! 短!っていう言葉もありますが、太く短く、細く短く、いや太く短く、私は十分楽しんだつもりでございます」と総括した。

80 78
最後にあいさつした若林有子アナウンサーは、入社後すぐにこの番組に抜擢された (月曜日)• に基づき除去される場合があります
ハリウッド [5月28日 8:49]• 』は当初、その名の通り志らくさんがMCを担当していましたが、最近では志らくさんは『. この配信を受けて、生島企画室も12日付で、「正常なマネジメント業務を行う事が困難になった」として小林との契約を終了したことを正式に発表した 番組終了へ [ ] しかし、上記のリニューアル以降も視聴率が好転しなかったことに加えて、リニューアル前からのレギュラー出演者の降板をめぐって騒動となり()、TBSテレビでは2021年3月で当番組を終了することを、2020年内に決定した
ジャニーズ [5月28日 4:01]• (付「TBSホット情報」)• ドラマ出演者に限らず、スタジオにゲストが生出演する場合は前述の内容に加え、金曜コメンテーターのフワちゃんが、ゲストに対する第一印象を語る「フワッツ! 』って言ってます」とチクリ そして「あと半年、1年やったらもっと違う番組になっていたのではと悔しさはある」と語った
提供スポンサーののCMを役者が担当する (木曜日) 過去のコーナーレギュラー [ ]• 金曜日:『解決! ドラマ [5月28日 9:31]• デスク:渋沢佳代子• メインMCは落語家のと、2019年9月まで『』や『』などに出演していた(TBSテレビアナウンサー)が担当し、2019年にTBSテレビに入社した新人アナウンサーのがアシスタントとして脇を固める
火曜・水曜・金曜日:志らく一段らく:9:53頃 - 9:55頃に放送 』というTBSが誇る二大生放送番組に出演してきた実力派
コロナばっかり」と愚痴りながらも「でも考えようで、コロナ禍を全力で走りきったのがグッとラック!」と胸を張った 月曜日については、2021年2月以降は5分ほど時間を取りその日の番組で取り上げなかった社会問題・政治に関するニュースを短く紹介し、橋下などにコメントを求める場合がある
事務所からの圧力が弱まったこともあり、ようやく打ち切ることができるようだ」 芸能記者 打ち切りにあたり、志らくを同局がどう扱うのかが気になるところだ つまり、最近の快進撃で民放2位を狙える位置まで来ている……と思いきや、その栄華はあまりに短かった
photo• 「テレビの後ろ」や「家具と壁の間」など、有効に活用できていない自宅内のスペース(デッドスペース)を、DIYに長けた、バンディ 番組中ではチャンネル名の「ばんのけ」名義 が有効に活用できる「グッドスペース」に変身させる企画 『グッとラック! 」(月~金曜前8・00)が3月に終了することについて自虐トークを炸裂させた
26