時 透 無 一郎 画像。 霞柱・時透無一郎

専門は伝承文学、神話学、比較民俗学 「幼い」無一郎が、肉体的マイナス要素を埋めるためには、短期間で戦闘を重ね「経験値」を積んでいくしかなかった
とにかく「早く」「強く」と、わが身をかえりみず、あらゆる苦痛に耐え、生き急ぐ無一郎の様子は、痛々しくすらある まずは時透無一郎のかっこいいシーンについて、物語の時系列順にご紹介します
そして小鉄が「水獄鉢」に息を吹き入れ、辛うじて酸素を得た無一郎が 霞の呼吸・弐ノ型「八重霞」で脱出、小鉄を襲った魚の化け物も瞬殺します しかも鬼殺隊の最高戦力である「 柱」の一人で、作中ではその尋常じゃない強さも随所で見せています
双子は次第にすれ違い、口を聞かなくなってしまう どんな傷をおっても無一郎は戦いをやめない
本来なら人間には勝ち目がない「鬼」との戦いに、活路を開き、仲間たちに「無限の未来」を示した 記憶喪失だった頃は無関心の一言に尽きるほど他人に興味を示さなかった時透無一郎
時透無一郎のかっこいいシーン:身を挺して人を守る 漫画14巻の第117話で、玉壺の血鬼術「 水獄鉢」に閉じ込められた無一郎が脱出するシーンです
95
霞の呼吸の白い刀身に柱である事を示す「悪鬼滅殺」の文字が彫られている だが、繰り返し描かれる彼の負傷は、あまりにもむごたらしく目を覆うばかりだ
異例の入隊エピソードである 玄弥が殺されそうなときに次は風柱・不死川実弥そして岩柱・悲鳴嶼行冥と 続々と助太刀が登場します
炭治郎との会話のとあるやり取りで一瞬年相応のリアクションで動揺した事もあり、彼の一見すれば冷たい性格は、記憶を失う事への潜在的な恐怖や不安を押し殺して、自分の心を守る為の防衛本能のようなものでもある 鉄井戸は無一郎を柱の剣士としてではなく、 家族も記憶も失った天涯孤独の子供として扱い、その境遇や彼の表面上の冷淡さの理由を理解して未来を案じていた
その際、 の末裔である事が明かされた この黒死牟の正体は、鬼殺隊史上、継国縁壱に次ぐ実力者と言われた、彼の兄・巌勝(みちかつ)である
これほどに、無一郎が「邪魔」を嫌う理由は何か 明らかに、彼が剣士としての「肉体のピーク」を迎えるのに、あと数年はかかる
41