退職 後 の 年金 手続き ガイド。 退職後の年金手続きガイド(日本年金機構より)|お知らせ|社会保険労務士 トムズコンサルタント|人事労務のスペシャリスト

厚生年金の支払いがなくなる分、国民年金の支払い義務が3月から発生するわけデジからね。

会社に勤めている間は第2号被保険者として代わりに厚生年金を納めますが、離職後は自分で国民年金を支払う必要があります(第1号被保険者) したがって退職後に1カ月以上の失業期間(給与をもらっていない期間)があるなどの場合は、所得税を多く納めていることになります
年内に再就職した場合は、新しい転職先の指示に従って年末調整を行います 税金(住民税) 退職時期によって支払い方法が異なる住民税 住民税は1月から12月までの1年間の所得に対して課された税額を、翌年6月から翌々年の5月までに「後払い」で納める仕組みとなっています
未分類 あなたの退職後の国民年金について解説します ・年金手帳 ・印鑑 ・離職票や退職証明書など退職日を確認できるもの 以上のものを準備し、お住まいの市区町村役場または国民年金窓口で手続きを行います
なんと… 年末調整までに前職の源泉徴収票が届かなかった人• すべてが円満退職であればよいのですが、時には会社と社員との信頼関係が損なわれているケースもあり、ちょっとした不手際や勘違いが大きなトラブルに発展することもあります
なお、50歳未満で本人・配偶者の所得が一定基準以下であれば、申請により 保険料支払いの猶予が認められるケースがあります(保険料納付猶予制度) また保険料負担を考慮すると、月の途中で退職すると1ヶ月分の厚生年金保険料を支払う必要が無くなる反面、加入期間も1ヶ月少なくなるため、その辺りも将来の年金額との関係で考えていく必要がありますので予め注意しておくと良いでしょう
加えて、 翌月の月末には転職先の会社に属しているため、 転職先を通して厚生年金が天引きされます 在職中は基本的に給与天引きによって納税しているため、住民税を納付していると意識できていないかもしれませんが、退職後は支払いの区切りである5月までの残額を自分で納めなければなりません
企業側の年金手続きは 「健康保険・厚生年金被保険者資格喪失届の提出のみ」ですが、 退職者の生活次第では早期に必要となる書類があることについても注意しておくと良いでしょう 1 「国民年金保険料免除・納付猶予申請書」、 2 「年金手帳」、 3 「雇用保険受給者資格者証」など失業していることを確認できる公的機関の写し 転職先に入社したら 入社する際に転職先の会社へ年金手帳(第3号被保険者となる配偶者の方がいる場合は配偶者の年金手帳も)を提出し、厚生年金保険の加入手続きを行ってもらいましょう
【退職後14日or20日以内】健康保険の切り替え 健康保険の切り替え手続きは 「これまでの健康保険を任意継続する」「国民健康保険に切り替える」「家族の扶養に入る」の 3 パターン このうち、離職票は企業に発行義務がありません
任意継続と国民健康保険どちらの保険料が安いかは、扶養家族数や年収などによって異なります 仕事を辞めるとき会社から受け取るものは? 離職票、雇用保険被保険者票、源泉徴収票、年金手帳です
必要なものは以下の通りです 口座振替• 今回お伝えしたことをまとめると下記のとおりです
50 9