シェーン ライン ヘノッホ 紫斑 病。 ヘノッホシェーンライン紫斑病:症状、経過、治療

症状が強い場合には ステロイド薬(内服もしくは点滴)を使用する• 腎生検:腎障害が長く続く場合や、 腎機能低下、高血圧の 合併などでは腎生検を行う IgA血管炎(ヘノッホ・シェーンライン紫斑病)の治療法• 痛みなどの関節症状にはカロナールなどの痛み止めを使います。
皮膚症状 触れることのできる紫斑が下腿や殿部にみられます また、治療に関しても最新の医学的知識に基づき、それぞれの患者さんに合った適切な治療を行っています
睾丸は痛みを伴い、腫れます 検査は診断に必須ではないが、その他の病気や 合併症を否定するために必要になることがある• ステロイドの治療は、腹痛の持続時間を短くする、腸重積のリスクを減らす、腎病変の発症のリスクを減らすとの報告があり、強い腹部症状、腎症状を認めた場合、ステロイド剤を使用する場合が多いです
血管壁への顆粒球浸潤 病理組織学的に細動脈あるいは細静脈の血管壁に顆粒球浸潤がある 2つ以上の基準項目を満たすときに分類します(感度87. 10歳以下の小児に多く、4歳にピークがあるといわれています 赤い発疹に加えて腹痛や腎障害、関節痛を伴うことがあります
また、薬剤の使用によって紫斑が現われることがありますが、これも薬剤によるアレルギー反応によっておこったアレルギー性紫斑病であると考えられています 関節症状 膝や足の関節などの大きな関節に痛みを認めることが多いです
関節やお腹の痛みに対しては適宜、薬物治療を行う• 診療について• ヘノッホシェーンライン紫斑病:合併症 ヘノッホシェーンライン紫斑病の合併症は非常にまれであり、たまにしか発生しません 感染をきっかけに 免疫反応が刺激されている可能性は指摘されているが、明らかな原因は不明• 腎機能が低下します
腎障害を起こすと、 血尿や たんぱく尿が出る• 6, 1 ;transform:rotate 90deg scale 0. 皮膚病変は異なる場合があります 重篤な腹部症状、腎機能障害や強い尿所見をがある場合、副腎皮質ステロイドや免疫抑制剤などを使用する場合があります
2rem;padding:25px 0 0;margin:30px 0 0;font-weight:bold;border-top: aaa solid 1px;letter-spacing:1px;line-height:1. 組織学的(組織学的)証拠は、ヘノッホシェーンライン紫斑病を確認することができます [どんな病気か] アレルギー反応(免疫のしくみとはたらきの「 アレルギー反応」)によって血管に炎症がおこり、血管から血液がもれ出やすくなって(血管透過性亢進(けっかんとうかせいこうしん))おこると考えられる紫斑病です
多くの患者さん(65%以上)で膝や足首に痛み(関節痛)や腫脹がみられ、動かすことが困難(関節炎)になります 【予後】 一般的には良好ですが、腎症が重症な場合や消化器穿孔などがあるときは問題です
0rem;letter-spacing:2px;font-weight:bold;line-height:1. IgA血管炎に対する一般的な疾患イメージとしては、もともと元気な就学前後の男の子が、受診の少し前に風邪を引き、その後両足にぽつぽつとした紫斑を認め、ときに腹痛や血尿を認めるものの、自然と治っていく、というものだと考えられることが多いです 腎生検の結果が 予後予測と治療方針決定に重要• 皮膚生検は、所見が不明な場合にのみ必要です
ヘノッホシェーンライン紫斑病:伝染性? ヘノッホシェーンライン紫斑病は血管の自己免疫性炎症であるため、この病気は伝染性ではありません 症状は同時に出現する場合と数週間から数か月間隔をあけて少しずつ出現する場合がある• まれに、腎炎が急に悪化して腎臓の機能が失われる(腎不全(じんふぜん))ことがありますが、この場合は人工透析(じんこうとうせき)(「」)が必要になります
28

尿検査 尿蛋白や尿潜血がみられる場合があります。

7%)。

成人の場合は発症することが上気道感染よりも内臓の感染症が原因となっているケースもあります。

また、紫斑以外にも、水泡 水ぶくれ 、血包 血液を含んだ水ぶくれ 、皮膚の深い部分まで傷つく潰瘍などが現れることもあります。

Chapel Hill分類(2012年) 小血管レベル(主に毛細血管、細静脈あるいは細動脈)の血管炎の中の免疫複合体性血管炎(Immune complex vasculitis)に分類され、血管壁にIgAのサブクラスであるIgA1優位の免疫沈着がみられる血管炎です。

診断 典型的な4徴がそろう場合には診断が容易ですが、非典型例、特に皮膚の症状がない場合には診断がつきにくいことがあります。

5em;counter-increment:cnt;content:counter cnt ". [治療] ほとんどの場合、約4週間で自然に軽快するので、とくに治療の必要はありません。

いつ病院に連絡するか 次の場合は病院に連絡してください。