一 富士 茄子 牛 焦げ ルギー。 沢口靖子、生瀬勝久、小柴陸 出演「一富士茄子牛焦げルギー」上演決定!

冒頭のおとんと「ぼく」のかけあいの軽妙さがすばらしいです。 当日引換券は当日の各開演時間の1時間前よりサンケイホールブリーゼチケットカウンターにて座席番号が入ったチケットとお引き換えをいたします。 共演者の沢口さんとは三谷幸喜さんの舞台以来ほぼ20年ぶり、小柴さんは同じ関西出身という事で共演楽しみにしています。 だから大したことないと思っても大事を取って病院には行っておくべき…!…ってか命あっての物種なんだからして初詣なんて来年も再来年もいつだって行けるし生きてればそうじゃないですか??死んじゃったらもう二度と初詣にも行けないし美味しいモノだったって食べれないし楽しいことだったってもうなーんにも訪れないわけじゃないですか??そんなの…!もったいない…!おとんは必死でおかんのいなくなった現実を受け止めて息子のためにも働いて働いて働いて…ってなつもりだったけれどもどうしっても酔っ払い運転の犯人??のことが許せなくてそれで探して探して探し歩いてとうとう見つけて復讐を遂げるために包丁も買って懐に忍ばせてゆっくりと近付いて行って一刺しで殺すつもりだったんだけれども向こうにもちっちゃい子供がいて家族がいてそうしておかんはそんなことをしたとて戻って来るわけでもなくて後に残された息子のことだったって誰が面倒を看てくれるわけでもなくひとりぼっちで遺されて可哀想な目に合わせてしまう…!とはたと気付いてあーんなに仕事の合間に歩いて歩いて歩き回って犯人を探して歩いて聞き込みして復讐のためだけにくらーい魂を燃やしておったのを「こんなことではいかん…!」ってので思い直してそこからはすーっかりと立ち直って全うに??働いて今に至る、と。 舞台にいるのは3人の俳優。 「そや、そや」 と相槌ちを打ちながら読み進む。 それだけでは申しわけないから、もう一つぐらい願いがあればぜひに」といわれたので「ほんなら息子に願いをたくすから、聞いたってくれませんか」というと、富士山は快く承知してくれた、というものです。 あとがきには、作者たなかしん氏のこんな言葉がありました。 是非ご期待ください。
49
【払い戻し対象公演】下記の通りです それをいつかまたおかんにいーっぱい教えて欲しい、と
そこでおとんは、餅が焦げないようにしてくださいと頼んでしまったというのだ 感性を刺激する演出で、作品に新たな命を吹き込む河原雅彦の演出、宝塚歌劇団公演の音楽を担当するなど多方面で活躍するシンガーソングライター・瓜生明希葉のオリジナルの楽曲が、作品の世界観をさらに広げ、ある一家族の物語を客席と共鳴させます
各段落の後に挿入されるイラストも、温かくてとても素敵です 餅を焼きながらおかんを思い出したり、おとんのトレーナーからケンを思い出したり、ふとした情景や会話の先にあるぼくの話に泣かされました
詳細はそちらにてご確認ください …むう
関西出身の3人が、関西弁で丁々発止のセリフのやりとりを繰り広げ、ときには「語り部」や「僕の親友」といった他の役も演じながら、「焦げルギー」のリアルで切なく、奇想天外な世界を紡いでいく ご登録いただきました個人情報は、万が一公演関係者及び同一公演ご来場のお客様に感染が確認された場合、 必要に応じて保健所等公的機関への提供を行う場合がございます
<変更内容> 本公演では20時より前に公演が終了するよう、東京公演下記2公演の開演時間を変更させていただきます しかも、で検索したところ同じ現象が至るところで起こっている模様

一富士茄子牛焦げルギー たなかしん・作 BL出版 あらすじ 主人公のぼくは中学3年生でおとんと仲良く暮らしています。

関西弁の温かさと生きていく上での大事なメッセージに心が震えました。

この題名だけじゃ、なんのこっちゃかわかんないですよね。

そこでおとんが乗った茄子牛や、餅をあげた富士山にも会うことができます。

乞うご期待。

61