是非 に 及ば ず 意味。 「是非に及ばず」の意味と使い方とは?類語や英語表現も解説

こちらも 「是非に及ばず」の解釈の1つに近い意味で使うことができます。

このとき信長は 「明智光秀が謀反を起こしたのではないか?」 ということを全く想像せず、口にもしていません。

天下を目前にしているにもかかわらず、はたして本当に簡単に諦めるのだろうか。

織田信長は小姓の「森蘭丸」から、「明智光秀が謀反を起こした」と耳にすると、静かに「是非に及ばず」と口にして、最期の戦いに挑んだのでした。

次は例文3と4の「 開き直り」のニュアンスです。

是非に及ばず、ここは退散するしかない。

「是非に及ばず」は、学者による解釈では 「是非を論ずるに及ばない」と言っている表現だと言われています。

15

十分な武器も準備もない状態で、臣下に不意の攻撃を受けた時の心情を表していますが、解釈は大きく二つに別れ、現在も意味における論争が続いています。

「余は自ら死を招いた」 この言葉の意味は、そういう意味だと、「明智憲三郎」さんは主張しておられます。

戦いでは、尾張を攻めてきた今川義元を破り、徳川家康と同盟を結びます。

信長40歳の時でした。

先のように、戦国武将の織田信長が家臣の明智光秀に謀反を起こされたと知った際に発した言葉として有名になっています。

なぜ信長は、「光秀から謀反を起こされたとしても、不思議ではない」などと思ったのか? 実は信長、明智光秀とともに、「ある人物」を「暗殺」しようとしていたのだそうです。

例文1では勝負について、例文2では意中の女性にフラれてしまったことについて「 しかたがない、諦めよう」というニュアンスで「是非に及ばず」が使われています。

騎馬軍に対抗した鉄砲を三段構えにして圧勝した「長篠の戦い」です。

また、徳川家康との縁はこの幼少期から始まります。

74