パーソナル カラー 16 分割 自己 診断。 パーソナルカラー、顔タイプ、骨格診断に行ってきた件

単に肌色の濃淡だけで見分けるのではなく、髪や瞳の色・コントラスト・質感や雰囲気など、さまざまなことを考慮して総合的に判断することが重要ですよ。 シルバーは苦手ですが、もしどうしても好きでつけたい場合は、濃いゴールドと重ね着けしちゃいましょう。 ですが、金銀ドレープの時点でブルーベースということだったのでもっとも黄みの強いウォームは 2 つの季節から除外。 強くて派手な色も顔が負けない• ズバリ1つのタイプに当てはまる方もいますが、もっとも似合うのはスプリングタイプだけど、サマータイプの色もまあまあ似合うというように、複数のタイプの色を上手に着こなせる方もいらっしゃいます。 【パーソナルカラー自己診断】Web上で無料チェック! PersonalColor Self check! その後、クールサマー、ビビッドウィンター、クールウィンターの中で最も似合う色探しをしていきました。 昔から色白で肌が綺麗だと褒められる• これまではパーソナルカラーは4タイプに分かれるのが主流でしたが、近年は似合う色を診断するうえでより細分化する傾向にあります。
ブラウンなら、明るいブラウンがおすすめ。 似合う色で、似合う服装を着て、さらにスタイルをスッキリ見せられたら、もっと自分に自信が持てるんじゃないかな。 昔から年齢よりも上に見られることが多い• それでも答えが分散してわからない、また自分で答える回答に自信がない場合はプロに診断してもらうことをおすすめします。 【Bright】…明るく黄みがかっていて、鮮やかな色合い。 私自身、よくニットなどを着たりするとグラマーな体型だと勘違いされることが多く、「実際胸ないのに、、、」と思っていたのですが、私の上半身がストレートよりだとしたら、 胸(脂肪)がなくても元の体の厚み(骨格)でそう見えていたのか!!!とこれまたとてもスッキリしました。
15