比嘉 大吾 井上 尚弥。 井上尚弥、比嘉大吾に披露したディフェンス能力を英指摘「明らかに格上の選手だった」(THE ANSWER)

例えるなら、 比嘉大吾さんはマイクタイソンで井上尚弥さんはモハメドアリといった感じではないでしょうか? 今の段階では、 比嘉大吾さんが井上尚弥さんに勝つことは難しいのではないかと思います。 「しかし、最終の3ラウンド目にヘッドギアを外すことを選ぶと、テンポを上げた」「試合が真にヒートアップした時、やや強打見えるパンチの応酬になった」と、エキシビションながら白熱したものであったことを伝えている。 お互いに成長しているんで、その差は埋まっていたらダメだと思うし、そこは引き離さないといけないと思っている」 比嘉大吾が少しかわいそうだったのは 真の王者としてまったくスキがなく、チャンピオンのイメージをしっかり守っている井上に対し、比嘉はスパーを終えたシャワールームで「焼き肉に連れてってください」とおねだりしたという。 このイベントが決まって相手がなかなか決まらない中、比嘉選手、スパーリングを受けてくださってありがとうございました」とコメント。 海外の名無しさん エキシビションなのに、井上、比嘉ともにガチのスイングじゃねんか。 決して弱い相手ではないし寧ろ今後の日本を代表するであろう強さを持つ比嘉です。 しかも絶賛のコメントばかり。 。 井上の力を素直に認めるコメントを連発しながら、収穫点を問われた比嘉が次のように語っていたことにも注目したい。
46
それは比嘉大吾さんが戦いを熱望していたのですが、井岡一翔さんが逃げたと話題になったことがあるんです 今回の試合では62キロほどでリングに上がっているが、バンタム級でも8キロ近くの減量が必要になるため、上の階級も視野に入れているだろう
比嘉大吾の現在の様子は?ライセンス無期限停止後何をしていたの? この記事の冒頭では、比嘉大吾選手のライセンス無期限停止処分を敢えて「 不運なアクシデント」と表現しましたが、皆さんご存知の通り「 減量失敗による失格」のペナルティが科されました 地元沖縄での王座初防衛に失敗した
バンタム級で2つのベルトを持ち、全階級最強ランキングのパウンドフォーパウンドランキングでトップ3位に入る井上の強さが際立った WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者・(大橋)と元WBC世界フライ級王者・(Ambition)が激突した
これが当たって、これが当たらないんだとか その詳細をこの記事で言及するつもりはありません
元K-1王者の武居由樹、世界3階級制覇の八重樫東、内山高志など豪華な面々が集結した
3分3ラウンドのエキシビション、グローブは公式戦の8オンスではなく、12オンスとはいえ、そのパフォーマンスが注目された ヘッドギアを外した第3ラウンドは左構えにスイッチも見せるなど、濃密な9分間で観客を楽しませた
井上尚弥がファンの前でボクシングをするのは2019年11月、さいたまスーパーアリーナでノニト・ドネア(フィリピン)に勝利したワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)決勝以来のこと 「これはあくまでスパーリング
10日ほど前にオファーをもらい、そこから急ピッチで調整したものの、「尚弥さんが相手というのもあったけど1ラウンドで疲れました ロマチェンコとの一戦なんかが実現したら夢のようだね
13
2月11日、チャリティーボクシングイベント「LEGEND」が代々木第一体育館で開催された 終盤、連続してボディブローを被弾する比嘉
距離感も同じくらいだったし」とコメントしている ヘッドギアを外すと見応えが全然違いますね! 見てるこっちもテンションMAXで大興奮でした
強がりすらいえません 笑 自分じゃなくても誰がどのようにしたら勝てるのだろうか見当がつきません 比嘉選手に対しては見ている方も(井上相手に)どれだけやれるかという見方をすると思う
対して井上尚弥さんはあのスピードとパンチ力に加えて、 とても目が良いそうで相手のパンチを寸前でかわすことができるそうなんです 「あくまでスパーリングなので、普段見せない動き、サウスポーもやりましたけど、決して手を抜いたわけではありません
自分が行けないところではない 色々組み合わせてスパーした
85